FC2ブログ

Articles

msg90



久々なくらい時間をかけて作りました。
msg-90
Heckler & Koch - Group Website

スポンサーサイト

Ivy Generator

昨日ちらっとお知らせしたツールのBlenderと組み合わせての使い方を
ご紹介します。
こちらAn Ivy Generatorのサイトからダウンロードできます。
ギャラリーをご覧になれば大体の特性はお分かり頂けると思いますが、
3Dの植物オブジェクトを自動生成してくれるツールです。

まずBlenderで適当なオブジェクトを作ります。


作ったオブジェクトをエディットモードで
ivy02.jpg

全選択し、
ivy03.jpg

すべてのFaceを三角形に変換します。
ivy04.jpg

四角のFaceがあるとIvyGeneratorにImportしたときにMeshが壊れてしまうためです。
ivy05.jpg

Exportの形式はWavefront(*obj)
ivy06.jpg

binフォルダに保存するのが早くて無難です
(パスに日本語が含まれているとたどり着けないので)
ivy07.jpg

Exportの設定はこんな感じで。
ivy08.jpg

Ivy Generatorを起動し、先程のオブジェクトをImportします。
ivy09.jpg


ivy10.jpg

ダブルクリックしたところに生成始点ができます。
ivy11.jpg

Growを押すと、うねうね成長します。パラメーターをいじると生成の仕方が色々変わります。
ivy12.jpg

Birthを押すと植物化します。パラメーターをいじると幹の太さ、葉の大きさ、葉の密度が変わります。
ivy13.jpg

マウス操作
  右ボタン前後にドラッグで視点の前進後退。
  左ボタン左右にドラッグで視線の左右回転。
  Shift+左ボタン左右にドラッグでオブジェクト回転。
  Ctrl+左ボタン上下にドラッグで視点の上昇下降。
ivy14.jpg

作ったオブジェクトをBlenderにImportします。Importの形式はWavefront(*obj)
ivy15.jpg

Importの設定はこんな感じ。
ivy16.jpg

「OK」を押して






しばし待つ。








出来ました。
ivy17.jpg


マテリアルはうまく継承できないようなので、一旦破棄して再設定するとよさげです。






2007_12_8追記------------------------------


葉のテクスチャをちゃんと設定したもの。
Import直後のマテリアルのテクスチャ設定で、既にロードされているものと同じ名前の
画像を、ivy_generator_Win32_1.3/texturesからロードし、AlphaをMultiply
で設定すると出来ます。

これは・・・!

久々にとんでもないオモチャを見つけてしまったかもしれない。
詳細は後日。

レンダリングはBlenderで行いました。
Vin01

Navigations, etc.

Navigations

プロフィール

黒卯 虎龍斎

  • Author:黒卯 虎龍斎
  • 愛と正義と真実の使者、黒卯 虎龍斎 ◆7kirYmVfh2 です








最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

管理者ページ


FC2Ad

Template by Yuma's FC2ブログテンプレート