FC2ブログ

Articles

【Blender】ついに煙れるBlender~レンダリングまで~

  ∩∩
 (,,・ x ・)Blenderを根本から刷新
     するためのプロジェクトが、
     いよいよその真価を見せ始めました。

公式リリース : 公式テストビルド、Blender 2.5 Alpha 1が公開

  ∩∩
 (,,・ x ・)今回は、その様々な新機能の中から
     Smoke Simulationについて、とりあえずの
     使い方とレンダリングまでご解説申し上げます。



起動します。
01_20100221155711.jpg
このcubeを使います。
02_20100221155711.jpg
テンキー「5」「1」で視点を正面に。
     
03_20100221155711.jpg
cubeを選択してphysicsパネルのSmokeをAdd。
domainにします。
04_20100221155711.jpg
05_20100221155711.jpg

次にPlaneを一枚追加して
06_20100221155711.jpg

07_20100221155822.jpg
domainの底部まで移動し、
08_20100221155822.jpg
ParticleパネルでParticle systemをadd。
09_20100221155822.jpg
physicsパネルでsmokeをadd。flowにして
10_20100221155821.jpg
flowのもとにするParticle systemを
指定します。
11_20100221155821.jpg
animationをスタートすると
12_20100221155821.jpg
シミュレーション結果がリアルタイムで
表示されます。

次にこのシミュレーションで得たvoxel dataを
レンダリング出来るようにします。
domainに使っているcubeを選択して
materialパネルでmaterialを追加して
13_20100221155924.jpg
material typeをvolumeにして
14_20100221155924.jpg
densityを0にします
15_20100221155924.jpg
textureパネルでtexture typeをvoxel data
にします。
16_20100221155924.jpg

17_20100221155923.jpg
data元をdomainに使ったcubeに指定します。
18_20100221155923.jpg
influence項のdensityをMAXにします。
19_20100221160040.jpg

レンダリングします。
20_20100221160040.jpg
おわかりいただけただろうか。
おそらくいただけていないと思います。
下に向かって流れてるのはParticleの方で、
上にうっっっっっっっっっっっっすら見えてるのが
Smokeです。
これをちゃんと見えるようにします。

Particleに使っているPlaneを
選択してmaterialを追加。
material typeをhaloにして、halo sizeを
0にします。
21_20100221160040.jpg

22.jpg

23.jpg
これでParticleはレンダリングされません。
次にdomainに使っているcubeを選択して、density scaleを
50くらいにします。
24.jpg
25.jpg
レンダリングすると、御覧のようになります。
たっぷりボリューミーな愛されSmoke!


さらにscene、materialなどを設定して、動画に
するとこのようになります。

resolution:55 High Resolution:1

  ∩∩
 (,,・ x ・)以上Blenderユーザーの皆さん向けに
     ご解説申し上げましたが、分かりにくい
     部分は、ご指摘いただければ知ったかぶれる
     範囲で追記致します。

スポンサーサイト

Navigations, etc.

Navigations

プロフィール

黒卯 虎龍斎

  • Author:黒卯 虎龍斎
  • 愛と正義と真実の使者、黒卯 虎龍斎 ◆7kirYmVfh2 です








最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

管理者ページ


FC2Ad

Template by Yuma's FC2ブログテンプレート