FC2ブログ

Articles

【おすすめ本】「フランス革命の省察」

  ∩∩
 (,,・ x ・)ある日、誰かが
     新しい政治体制、政策を
     考え付いたとして、
     「(かつて提示されなかった筈は無い)
     それが如何程国家、国民に裨益するか」
     はともかくとして、
     「その発想がなぜ実効性を付与されなかったか」
     について、我々いずれかの国家に
     属する臣民は如何程の
     考察をしておくべきなのでしょうか。


フランス革命の省察フランス革命の省察
(1997/10)
エドマンド バーク

商品詳細を見る


  ∩∩
 (,,・ x ・)もし、新しい思想や
     かつてない考えが、
     多数決による評議の場に提出され、
     旧来のそれ以上の支持を得て
     可決されていけば、人類は
     共同体の統制方法に関して
     唯一無二にして恒久不変の
     最善を獲得し得るのでしょうか。

  ∩∩
 (,,・ x ・)その、あまり重大でなく見える
     けれど、およそこの惑星上に
     人類が何らかの共同体の掟を
     形作る上で最も根本的な
     問いの一つに対して、決して軽んずべからざる
     留意点を悉く俎上に上げ、
     人間の理性が如何に当代の
     流行と傲慢と恣意によって、
     時には国家全体、大半の国民の
     幸福を破壊し得るかについて
     切々と受け手を問わず
     語りかけた、先人の蓄積からの
     代弁の書であります。

  ∩∩
 (,,・ x ・)本書が刊行され、また
     改版を重ねられていた当初、
     フランス革命はまだ完成されておらず、
     つまりその悲劇と愚行のもたらす
     災厄が全て顕になっていませんでした。
     しかし、著者が強く懸念していた
     理不尽と矛盾と不整合は、
     その後革命フランスの国是として
     顕現し、推進され、それを受容させられざるを得ない
     国民の悲劇として顕在化していきました。
     
  ∩∩
 (,,・ x ・)やがて革命フランス国民は
     多年に渉る憲法不在、信仰撲滅、伝統の否定
     を最善と仰がなければ、破滅的な自己否定を
     強いられる思想傾向を強制されることになりました。
     
     さらにその潮流は世界各国に伝播し、
     後に多くの国家破壊と地域紛争を
     産み出した元凶として、寡頭専制や
     全体主義とともに忌避されるに至りました。

     未だに世界各国、各党派をして
     混乱と対立の発生源かつ被害者に成さしめる
     淵源に対して、もっとも早期に、
     広汎に、強力に、思索と修辞と誠実さを以って
     対抗を試み、また呼びかけた、特定の
     思想の賛同者に留まらず、全人類に遺された
     不朽の遺産であります。

スポンサーサイト

Navigations, etc.

Navigations

プロフィール

黒卯 虎龍斎

  • Author:黒卯 虎龍斎
  • Author:黒卯 虎龍斎








最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

管理者ページ


FC2Ad

Template by Yuma's FC2ブログテンプレート